求める人物像

お客さまの消費マインドとマーケットは日々変化し続けます。同時に、ショッピングセンターもその変化に対応していく事が求められております。その為に、ショッピングセンターの運営に携わるわたしたちには3つの要素を掛け合わせた能力が必要であると考えています。

お客さまの消費マインドとマーケットは日々変化し続けます。同時に、ショッピングセンターもその変化に対応していく事が求められております。その為に、ショッピングセンターの運営に携わるわたしたちには3つの要素を掛け合わせた能力が必要であると考えています。

ショッピングセンターを運営するには、「創造力」つまり、「お客さまが描く理想のライフスタイルを想像し、その一歩先を提案する力」が大前提となります。具体的には、お客さまの消費マインドやマーケットの変化を捉え、お客さまの生活にとって「価値」があるモノ・コトを想像し、ショップとともに創ることです。その為には、個人としての感性も重要ですが、お客さまの目線で考え、感じたものを形にしていく創造力が重要です。

ショッピングセンターを運営するには、「創造力」だけでなく、お客さまの目線で考え、感じたものを、自身の仕事やショップ、エスパル全体に反映し、継続的に実行していく「行動力」が重要です。また、ときにはショップが抱える課題を抽出し、改善につなげていくために、臨機応変に対応していく必要があります。その為には、エスパルの目指すべき姿をビジネスパートナーであるショップとともに共有する必要があります。

ショッピングセンターを運営する中では、自ら行動するだけでは解決できない課題や、ビジネスパートナーであるショップやショップ本部の協力を得なければ解決できない課題もあります。それらの課題を解決するには「調整力」が必要になります。そのために、日頃から周囲との情報交換やコミュニケーションを取り、相手の考えや立場を理解したうえで、自身の考えを理解してもらう必要があります。